HOME サービス活用例 設備・環境 料金体系

Motion Capture Service

バーチャルキャラクター配信/収録を中心としたモーションキャプチャーサービス

モーションキャプチャーサービスとは

累計500回を超えるライブ配信を行ってきたREALITY Studio Tokyo、高精度なキャプチャーシステムViconを導入したREALITY Studio Roppongi にて各分野で活躍してきたプロフェッショナルスタッフが高品質なモーションキャプチャーサービスを提供致します。

サービス活用例

Case.1

リアルイベントへのバーチャルキャラクター出演時の技術相談等、特別な配信時の相談先、支援先を探している。

Case.2

自社環境ではとれない精度のモーションキャプチャーが必要になった。
(MVダンスモーション撮影等)

全てお任せ下さい!

当社では、様々なパターンのリアルイベントへのバーチャルキャラクター出演案件を数多く手がけています。
技術相談から当日の運営まで包括的にサポート致します。
もちろん、高精度なキャプチャーが可能なViconを使用した収録等用途にあったモーションキャプチャーデバイスも提案可能です。

設備・環境

モーションキャプチャー施設

REALITY Studio Tokyo

  • エントランス

    大型サイネージに映し出された等身大のアバターがお出迎え。
    滞在中におくつろぎいただけるラウンジを完備しています。

  • ミーティングスペース

    出演者との打ち合わせ等でご利用いただけます。

  • 控室・更衣室

    出演者の控室兼キャプチャー専用のスーツに着替える際の更衣室を用意しています。
    会議室としてもご利用いただけます。

  • コントロールルーム

    キャプチャールームそれぞれに独立したコントロールルームを完備しています。

  • REALITY Studio Tokyoキャプチャールーム

モーションキャプチャーシステム

  • ・Xsens MVN(6システム)
  • ・HTC Vive Pro + Vive Tracker 2018(6システム)
  • ・StreachSense(指のキャプチャー)
  • ・指の操作はゲームコントローラでも可能
  • ・iPhone X ARKitによるフェイスキャプチャー
  • ・ボタン操作による表情切替対応
  • ・キャプチャールーム全3部屋、それぞれに独立したコントロールルーム
  • ・1部屋同時キャプチャー可能人数1~3人程度(それ以上は応相談)

配信システム

  • ・UnrealEngineによる描画
  • ・Youtube、bilibili等へサイマル配信、収録案件等にも対応
  • ・コントロールルームからのキャプチャールームへのカンペやチャットの表示システム
  • ・OBSによる自由度の高い配信、クロマキーの使用も可能
  • ・バーチャルキャスト利用可能(最大6名まで対応)
  • ・デジタルミキサーによるクリアな音声配信
  • ・収録後の編集業務も対応可能(応相談)

REALITY Studio Roppongi

REALITY Studio Roppongi

Viconによる高精度なモーションキャプチャー

防音で反響防止処理を施した約33㎡のスタジオは、現在、Vicon Vero v1.3Xをカメラ14台で構成。
4m x 3mの空間に最適化しており、最大240fpで3~4名の同時キャプチャーが可能です。一般的なモーションキャプチャーシステムでは実現しにくい、足を離し寝転ぶ、転がり回るなどのポーズもViconでは自由に行うことができます。
キャリブレーションも一瞬で行うことができるため、出演者に負担をかけずにスムーズな進行が可能です。

スタジオスタッフ

スタジオスタッフ

REALITYスタジオには各業界で活躍してきた専門スタッフが在籍しています。 案件に応じてアサイン致します。

ディレクター
放送業界などで活躍してきたスタッフが番組企画、制作を担当致します。
フロアディレクター
現場オペレーションの統括、番組進行を円滑に進行する担当です。ゲーム業界、放送業界 映画業界経験のスタッフが揃っています。
エンジニア
システムの開発、キャプチャーシステムオペレーション、 UE4のオペレーションを担当。
OBSオペレーター
番組レイアウト、テロップ出し等のOBS操作を中心に、配信自体を安全にお届けます。
テレビ制作、配信業界で活躍してきたスタッフが揃っております。
フロアサポート
モーションキャプチャースーツの装着など、フロア内での演者サポートを行います。
音声スタッフ
テレビ制作、音楽制作の現場で活躍してきた専門スタッフがオペレーションを務めます。

配信までの流れ

配信までの流れ

料金体系

モーションキャプチャーサービス費用

費用項目 REALITY Studio Tokyo REALITY Studio Roppongi
モーションキャプチャー費 20万円〜 (8h) 50万円〜 (8h)
スタジオスタッフ稼働費 6万円〜/1名(8h)
モーションキャプチャー
デバイス費
モーションアクター1名分はモーションキャプチャー費に含まれています。2名分以降は追加費用が必要となります
  • ・Xsens MVN 8万円〜/台
  • ・Vive Pro 2万円〜/台
モーションアクター2名分まではモーションキャプチャー費に含まれています。
3名分以降から都度お見積もり致します。

※収録データのモーション調整、ループ処理等は対応しておりません。

3Dモデルコンバート料金

REALITYスタジオのシステムでキャラクターを動かす為には初回のみ3Dモデルのデータコンバート作業が必要になります。
モデル状況によって工数は異なりますので都度お見積り致します。

お問い合わせ

wfle-solution@gree.net

お問合せ時にご提供いただいたお客様の個人情報は、お問い合わせに対するご返信・ご対応の目的のみに利用いたします。
当社の個人情報の取扱については、プライバシーポリシーご確認ください。

ソリューションサービスについて

バーチャルキャラクターコンテンツの
企画/制作から配信まで可能なワンストップサービスを提供致します。

詳細はこちら
お問い合わせはこちら